ギター科

KIYA-HEN(きやへん)


千歳生まれ札幌育ち。

3歳でマイク真木氏に憧れ、ウクレレをギターに見立て弾き語りの真似事したのを皮切りに音楽人生が始まる。

外国人バイオリン講師に師事し、5歳にしてバイオリン演奏を習得するが、モータウンの巨匠JoeTexに感化され、アカデミックな教育音楽に興味を失い挫折。

以後洋楽ソウル・ロック・R&B等に傾倒し13歳でエレキギターに転向。

主にハードロックスタイルを得意とするが、音楽性はクラシック・ブルース・フォーク・ポップスと多彩。

後にヘヴィーメタルバンド「マヴェリック」のギタリストとしてCDデビュー。

全国ツアー、海外ツアー(アジア・ヨーロッパ)等を経て脱退。

以後、自身のバンド「Phantom of sorrow」での活動や、地元札幌での後進の育成などに注力。

現在活躍中の札幌出身の多くのプロミュージシャンにも大きな影響を与えており、現在でも彼らのよき兄貴分として慕われている。
(個人オフィシャルサイト:http://kiya-hen.net/)
(バンドオフィシャルサイト:http://phantomofsorrow.com/)

主な共演ミュージシャン(敬称略)
・桑名正博(exXXX)
・河内純一(ex桑田バンド・exXXX)
・ZOD星嶋(ex聖飢魔Ⅱ)
・王様
・福原美穂
・TRIPLANE
・林 勇治(葉加瀬太郎・谷村新司)
・湊雅史(exDEAD END・奥田民雄)
・PAUL GILBERT(exMr.BIG)

他多数。